• ホーム
  • レビトラ使用の注意事項の空腹と持病について

レビトラ使用の注意事項の空腹と持病について

男性にとって重大な悩みの種となりうるものに勃起障害があります。
男性の性機能が何らかの原因によって減退し、パートナーとの性行為に支障をきたしてしまう場合に勃起障害と言う診断名が付くことがあります。
この様な問題の解決法にはいくつかの選択肢がありますが、飲み薬による薬物療法も解決法として選ばれる方法の一つです。
その様な薬のことをED治療薬と言います。
ED治療薬として最も有名なものはバイアグラです。
これはこの種類の治療薬に関心が無い人でも聞いたことくらいはあるほど高い知名度があります。
日本では他にもレビトラ、シアリスという飲み薬が認可されており、医師の判断や本人のニーズに合わせて使い分けが行われています。
これらの薬は街の薬局で購入することは出来ません。
これらの薬を使用する際にはそれ相応の注意が必要であるため、誰でも自由に手軽に購入することが出来るという状況は望ましくないと考えられているのです。
まずバイアグラとレビトラには効果を発揮させるための注意事項が存在しています。
例えば食事との相性が良くないことが知られています。
そのためバイアグラやレビトラは空腹時に使用しなければなりません。
そのため性行為の直前に食事を行うことが難しいという注意事項があるのです。
もう一つは持病の問題です。
例えば心臓関係の病気を持っている人が常用しているある種の薬と併用してしまうと命にかかわる重篤な症状が出ることが知られています。
この様な薬の飲み合わせの問題で命を危険にさらすことの無い様に医師による服薬の管理が必要になるのです。
また用量や用法を守って使用することも大切であり、身体の状況が服薬に適さないと判断した場合は医師の手で投薬を注意する必要があるのです。
そのために日本では処方薬となっています。